オーディオ商品

これは、アンプの「革命」だ。
REAL-SOUND AMPLIFIER   RSA-888 ステレオ・プリメインアンプ

新しいメリアル・サウンドモが時代の幕を開く。

スペックが考える理想のオーディオとは、いかなる音楽ジャンルにおいても、スピーカーの存在を忘れ、あたかも演奏者が語りかけてくるような、自然で有機的なサウンド。地を這うような重低音や刺激的な音ではなく、どんなに音量を上げても、違和感なく心ゆくまで音楽を楽しめる、音楽性に優れたサウンドです。
この基本的な考え方をベースに、RSA-888ではさらにスピード感のある低域、透明度の高い中高域を充実させました。ハイレゾ音源などの最新の高音質ソースの再生にも適した明瞭度が高く歯切れの良い音、新しい“リアル・サウンド”を是非お楽しみください。

RSA-888の主な特長

新開発のパワーアンプ・デバイスによる、立ち上がりの鋭い、混濁のない音

新開発の高精度・小型パワーアンプ・デバイス(※1)が、急激な変化が多い音楽信号を瞬時にスピーカーに送り込みます。この結果、立ち上がりが鋭く、混濁がなく、しかも余韻の美しい音楽の再生が可能となります。 このデバイスは小型でしかも電源効率が非常に高い(※2)のが特長です。従ってアンプ部本体の容積が最小になるだけでなく、周辺の回路やリード線も最短に、また放熱対策も 要になり、結果としてノイズ発生を極限にまで抑えることができます。

新開発の高品質スイッチング電源システムによる、余裕ある低域と透明感の高い中高域用

電源部には最新のスイッチング電源(※3)を採用、またこの優れたスイッチング電源による高品質な電源供給を実現するため、最新のダイオードやコンデンサー(※4)などを効果的に配置し、電源システムとしての高品質化を達成しました。
この高品質な電源部が、どんな音楽でも余裕を持って鳴らしきる明快で量感あふれる低域、ノイズから解放された透明感の高い中高域を実現します。

これまでのオーディオ・アンプの常識を覆すコンパクトサイズとデザイン
  • 小型で熱をほとんど発生させないアンプ部と電源部が、ボディの小型化を実現しました。ハイエンドオーディオでは今まで考えられなかった横幅35cmというコンパクトで使いやすいサイズは、オーディオ機器の存在すら忘れて音楽鑑賞に没頭できます。また熱を持たないメリットを活かした密閉構造のため、外部からのホコリ等の付着による部品や接点の劣化が皆無、安心して永くご使用いただけます。
  • 新発想の木製サイドパネル・インシュレーター(※5)は、滑らかで自然な曲線による木のデザイン。音質的にも木材のもつ独特の響きは外部振動を効果的に減衰させ、アコースティックな響きを演出します。なお、このサイドパネル・インシュレーターは飛騨高山の高級家具メーカーにカスタムオーダーした、日本の伝統工芸品、「和」の美しさと品質の高さの結晶です。
“リアル・サウンド”を実現するための細やかな配慮
  • アンプ内部に発生し音質に悪影響を与える電磁波の干渉や不要な振動(※6)を、様々な手段によって有効に低減、ノイズ対策、位相特性の改善に万全を期しています。
  • 長期間にわたってご愛用いただくために、ロック付きパワースイッチ、密閉型ロータリースイッチ、アルミ無垢ボリューム等、信頼性の高い高品質パーツを厳選しました。

主な仕様

アンプ部
最大出力 100W×2(4Ω)
周波数特性 10Hz~30kHz±1dB(6Ω、1W)
高調波歪率 0.02%(1kHz、80%出力時)
入力感度・利得 300mVrms、37.3dB (Volume MAX時、6Ω、1kHz)
ライン入力端子 XLR入力:1系統
RCA入力 : 3系統
スピーカー端子 1系統
ヘッドホン端子 1系統
電源部・その他
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 無信号時9W、最大出力時 150W(8Ω、100Hz)
外形寸法 W350mm×H95mm×D375mm
質量 7.0kg
  • ※1 高精度・小型パワーアンプ・デバイス
    パワーアンプには最新のPWM方式スイッチングデバイスを採用。時間軸を正確にコントロールするドライバー段(PWMコントローラー)とスイッチング特性に優れたパワー段の2つのMOS FETが最新の半導体技術によって一つに統合され、高精度のスイッチングを可能にしました。
  • ※2 電源効率
    最大出力時の電源利用効率は96%以上と、通常の半導体アンプの約3倍の電源効率です。この電源効率の高さのため、このアンプはほとんど熱を発しません。消費電力も待機時9W、最大出力時150Wという驚異的な省エネ性能が実現しました。
  • ※3 スイッチング電源
    小型・軽量の電源として電子機器では広く使われていますが、アンプ用では従来型のアナログ電源が主流でした。本製品で採用した最新のスイッチング・コントロールICはアナログ電源に比肩しうる自然な豊かさを持ち、かつ長所である明快なダンピングと量感あふれる低域を併せ持つ、理想的な電源となっています。
  • ※4 ダイオード、コンデンサー
    スペックのアンプは、世界各国の良質な部品を検証し、選択しています。最新のSiC(シリコンカーバイド)の高耐圧、大容量のショットキー・ダイオード、オーディオ用に特化した電解コンデンサー、そして特別仕様のオイルコンデンサー、至高の音質を誇るマイカコンデンサーなどを要所に配置しています。
  • ※5 サイドパネル・インシュレーター
    ヴァイオリン等の楽器に使用されるスプルースの単板がピアノの鍵盤に使用されるイタヤカエデ材をサイドイッチ状に挟みこみ、イタヤカエデ材が3点接地するというユニークな構造となっています。
  • ※6 電磁波、振動対策
    スイッチング電源部を特殊なシールドケースでカバー。また組立にあたってはコンデンサーの方向性、ネジのトルクまで管理し、電磁波、振動に対し充分な対策を施しています。

リモコンについて

リモコン接続用外部入力端子に別売のリモコンRSR-1,RSR-3を接続可能です。

RSR-1

SPECアンプ専用リモコン

リモートコントロールユニット(左)とリモートコントロール受信機(右)

RSR-3 <生産完了品>

SPECアンプ専用リモコン(木製ケース仕様)

リモートコントロールユニット(左)とリモートコントロール受信機(右)

アンプの背面端子にリモートコントロール受信機を接続し、リモートコントロールユニットで操作します。アンプ本体で設定した音量に対して、上方向4段階、下方向7段階、およそ±10dBの音量コントロールが可能です。またアッテネートボタンにより、瞬間的に-20dB~-30dBの音量を下げることができます。

主な仕様

リモートコントロールユニット
外形寸法 42mm×130mm×16mm
重量 151g
付属品 単4型電池×2
リモートコントロール受信機
外形寸法 75mm×135mm×25mm (RSR-1)
95mm×150mm×40mm (RSR-3)
重量 135g (RSR-1) 
266g (RSR-3)
↑page top