オーディオ商品

ヴィンテージ・サウンドの極みへ RSA-M88

SPEC のリアルサウンドアンプは、ライブの雰囲気、自然で聴き疲れせずリラックスして音楽を楽しむオーディオ機器として、音楽ファンの皆様にご納得いただけるリアルサウンドを目指し、国内では14 機種目のアンプ(プリ・EQ アンプ含)としてRSA-M88 の発売を致します。

SPEC は、「音楽は心のタイムマシーンである」その音楽を聴いた途端、一瞬にして時空を超え未来に活力を与え、また過去の情景・思い出・匂いまでも甦り心を和ませてくれる、これを再現する機器として音創りに邁進しております。

主な特長

音質

このシリーズとしては、初めて電源部に評判の高いコンデンサ「響一」(ヒビキイチ)を搭載その他のコンデンサとのコンビネーションにより、美しい余韻と力強いエネルギー感のあるサウンドを実現しました。

こだわりの筐体を踏襲

スプルース(オーストリア産の積層ソリッドパネル)と、インシュレーター部にいまや貴重となった北海道産イタヤカエデ採用、楽器のような自然な響きを再生する為に最適な構造を施し、最適な振動特性を確保し、滑らかな振動吸収性を実現しています。

PWM 方式D クラスアナログアンプ

アンプのパワー段には、スペックの得意とするドライブ能力の高いPWM(パルス幅変調)スイッチング方式の採用により、3 極管真空管アンプの中高域の繊細さに半導体のウーファーを制御する駆動力の高さを兼ね備えた動特性を実現しています。

ノイズ対策

シャーシの内側には上級機RSA-F11 と同様にEMC コーティングを塗布し内部、外部からの電磁波を吸収することにより中高域の透明度の高い音楽再生を可能としました。

ピュア・ダイレクトシステム

従来のプリメインアンプは、ソースからの信号を音量調節しパワーアンプ部に送り込んでいましたがパワーアンプは高いゲインのままでしたので、ソースの信号を小さく絞る必要がありました。
しかし、これでは微小な信号が失われてしまう可能性が高くなります。
これに対しスペックのアンプは、パワー段の直前にアナログ電子アッテネーターを埋め込むことでソース機器からの信号を減少する事なく、パワー段にて音量調整しています。
このピュア・ダイレクトシステムは、伝送レベルは大きい方が微小信号の欠落が少ないという考えに基づいています。作曲者、演奏者の意図する細やかな楽音を最大限に表現します。

デザイン

RSA-M88 は従来のセレクターSW から大型の改良セレクターSW を採用、音量ボリュームと同型としシンメトリーな落ち着いた印象を持たせ、より高級感を漂わせるデザインとしました。
また、セレクター、音量ボリュームには高品位を醸し出す昼光色による表示といたしました。


主な仕様

最大出力 120Wx2(4Ω)
周波数特性 10Hz~30KHz±1db(6Ω1W)
高周波歪率 0.02%(1KHz , 80%出力時)
入力感度・利得 300mVrms , 37.3db(Volume 最大時 , 6Ω , 1KHZ)
入力端子 XLR 入力:2 系統
RCA 入力:3 系統
スピーカー出力端子 1系統
電源電圧 AC 100V , 50Hz/60Hz
消費電力 無信号時:15W , 最大出力時:215W(8Ω 100Hz)
外形寸法 440mm(幅)× 125mm(高さ)× 414mm(奥行)
質量 16.0kg
↑page top